2017-07-09

玉屋さん、「世界!にっぽん行きたい人応援団」に出演

 7月20日(木)夜7時58分からテレビ東京系列(東海地方はテレビ愛知)の「世界!ニッポン行きたい人応援団」に玉屋庄兵衛さんが出演します。

 粗筋は、カナダ人でからくり人形大好きが大好きな人で、自らもからくり人形を作っている人が、夢のような存在である九代玉屋庄兵衛さんにあって、自分がぶち当たっているからくり人形製作上の問題を質問し、いろいろと教えを乞う、と言うもののようです。
 テレビクルーは、1週間ほども玉屋さんを密着取材。さらに、犬山祭り保存会の協力やこの春から長男樹君が弟子入りした富山県の親方の協力も得たようです。

“人番組丸ごと玉屋さん”の番組なので、是非、ご覧下い。
スポンサーサイト
2017-06-06

「能管と山車からくりの競演」

 「6月4日(日)夕刻6時から古川美術館庭園檜舞台で、能楽笛方十一世藤田六郎兵衛さんと九代玉屋庄兵衛さんのコラボレーションが催されました。能の笛の世界と山車からくりの競演です。
 これは古川美術館財団設立30周年記念の事業で緑風の宴と題された舞台です。
 藤田六郎兵衛さんの能管演奏とお話し、玉屋さんとの対談に引き続き、藤田さんの幽玄な能管の演奏に合せ、からす天狗が粛々と演じられました。
 庭園の能舞台ということで、峯の松風ならぬ、庭園の木々をそよがす風の音、時々聞こえる鳩や烏の鳥の声、水盤に落ちる水の音などと相まって、刻限も、逢魔時ならぬ薄暮でもあり、まさに幽玄の世界が創出されました。
 観客は座敷から眺めるというセッティングで、まるで古の能舞台を見るようでこれも一興でした。

能の笛の世界と山車からくりの競演 能の笛の世界と山車からくりの競演 

能の笛の世界と山車からくりの競演 能の笛の世界と山車からくりの競演 

能の笛の世界と山車からくりの競演




2017-05-02

玉屋さん藤田六郎兵衛さんと共演

 玉屋さんが藤田六郎兵衛さんとコラボで競演することとなりました。
昨年秋のあいちトリエンナーレ舞台芸術プログラムでの公演が非常に好評で再演となったようです。
 名古屋市千種区池下駅近くの「古川美術館財団創設鵜30周年記念檜舞台 緑風の宴」と冠して特別に設けられた檜舞台で上演されます。

タイトル「藤田六郎兵衛 笛の世界(能の笛の演奏とお話し)山車からくり九代玉屋庄兵衛との競演」

日時  6月4日(日)開場 17:00~

           開演 18:00~

開場  爲三郎記念館(古川美術館の分館)庭園 檜舞台
    *雨天時は爲三郎記念館館内

    電話 052-763-1991

    出演  藤田六郎兵衛(能楽笛方藤田流十一世宗家)
        九代玉屋庄兵衛

定員  60名

料金  4,000円

申込  添付資料(裏面)の申込書でお願いします。

<お進めコメント>
 藤田六郎兵衛さんの能管の音色と、山車からくりの技法が集積された玉屋さんの「からす天狗」の演技が相まって、あたかも、からくり人形たちが織りなす能の幽玄の世界が出現します。必見の組み合わせ(コラボ)です。

チラシ表

ご案内



チラシ 申し込み

申込用紙





2017-04-17

「からくリンピック」に九代玉屋庄兵衛・末松会長が出演

 平成29年3月26日(日)に開催された公益財団法人「あすて」創立50周年記念事業イベント「からくリンピック」(豊田市)に、末松会長による講演「今に繋がるからくり人形」があり、午後1時からの九代玉屋庄兵衛による「茶運び人形」「弓曳き童子」、「二筆文字書き人形」などの実演と解説が行われました。
 また、当日は、からくりコンテスト「からくりエイト大賞」の表彰式と作品展示もあり、多くの参加者にとって、「からくり」漬けの1日となりました。

からくリンピック からくリンピック

からくリンピック


2017-03-09

牧内則雄さん(当会会員)個展開催

 当後援会会員の牧内則雄さんが3月15日(水)から21日(火)まで名古屋栄三越で個展「戸板に描く花鳥風月・からくり人形 牧内則雄展」を開催されます。

 「古い戸板に、季節の草花を描いています。ふと通り過ぎる道端の植物にうっとりとします。尾張の山車祭りがユネスコ無形文化遺産となりました。山車祭りの華、からくり人形はますます注目を浴びることでしょう。古い戸板にそんなからくり人形を描いています。花とからくり人形が作り出す時代絵巻をぜひ御高覧ください。―牧内則雄―」
(案内状より)

  タイトル  「戸板に描く花鳥風月・からくり人形 牧内則雄展」

  会  期  2017年3月15日(水)から21日(火)
        *最終日は午後5時閉場

  会  場  名古屋栄三越 7階特選画廊

 牧内さんの描くからくり人形は、絵なのに決して静止していません、まるで生きているように躍動しています。からくり人形ファンなら必見です。

戸板に描く花鳥風月・からくり人形 牧内則雄展

戸板に描く花鳥風月・からくり人形 牧内則雄展