2017-02-22

「ロボカップ世界大会半年前イベント」開催

 1月28日(土)、29日(日)の両日、今年の7月27日(木)から30日(日)まで名古屋市国際展示場などで開催される「ロボカップ世界大会」の半年前イベントが名古屋栄松坂屋オルガン広場で開催されました。
 両日とも午前1回、午後2回、「茶運び人形」「弓曳童子」の実演と解説を末松会長と織田で実施。会場は開館時間前から行列ができる盛況で、ロボットが大好きな子供たちや親御さん達、更にロボット・ファンの幅広い層の人々で終日ごった返しました。この度は筆者も実演をしてはとの末松会長の厳命があり、十分説明できない「脱進装置(エスケイプメント)」「カム」については原理を説明する道具を手作りし実演・解説に挑戦しました。食い入るような子供たちの目線を感じながらできるだけ解りやすくをモットーに行いました。

入場

入場


協賛社看板

協賛社看板


ステージ・イベント

ステージ・イベント


会場風景 会場風景

会場風景


からくり人形展示

からくり人形展示


末松会長のレクチャー 末松会長のレクチャー 末松会長のレクチャー

末松会長のレクチャー


織田のレクチャー

織田のレクチャー


ロボット ロボット ロボット

ロボット










スポンサーサイト
2017-02-22

「新春からくり夜学塾」開催

 平成29年1月27日(金)午後6時より名古屋栄中日パレスにおいて「平成29年新春からくり夜学塾」が開催されました。この度、名古屋市の魅力向上に資するとして「新春からくり夜学塾」は名古屋市の「Save The NAGOYA事業」として位置づけられました。今後市広報などで広くPRしていただけるとのことです。

 第1部講演会(18:00~18:55)は「名古屋誕生~家康の名古屋城・城下町づくりと東照宮祭~」というテーマで、「徳川家康の理想の都・名古屋街づくり」と題し、東海学園大学教授 安田文吉様が講演され、引き続き「東照宮御鎮座400年を明年に控えて」と題して名古屋東照宮宮司 児玉健治様よりお話を頂きました。続いて、「体験談・私の見た東照宮祭」というテーマで安田先生の司会で大西人形本店 大西嘉七様、大須清浄寺住職 飯田英明様より貴重なお話をいただきました。また、徳川義崇も参加されており、これらの話を受けてのご感想とご意見をいただきました。

 第2部懇親会(19:00~20:30)は末松良一会長の主催者のあと、名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上担当部長 柵木由美様、西川流家元 西川千雅様からご挨拶をいただきました。恒例の山車組保存会の方々のご紹介のあと、1月15日名古屋栄中区役所ホールで開催された「山車・からくり人形コンテスト」「山車・からくり人形シンポジウム」の話を中日新聞社広告局小松亮太様よりご報告があり、引き続きこの度中日新聞社から出版されることとなった『新刊本「日本真ん中山車まつり」デン真写真集』について写真家のデン真よりご紹介がありました。引き続き、愛知県教育委員会生涯学習課文化祭保護室 あいち山車まつり日本一協議会事務局の皆見秀久様から1月29日ウインク愛知で開催される ユネスコ無形文化遺産登録記念行事の紹介がありました。次に、竹田からくりの出張サービスの絵が載っている「絵本菊重ね」、それの玉屋さん版「絵本菊重ね今昔」が末松良一会長から披露され、最後は、恒例となっていますからくり人形紹介コーナーでは、九代玉屋庄兵衛さんの新作「三番叟」の披露のあと、山崎津義さんの「ちゃぶ台返し」が披露されました。


講演会 安田文吉教授

講演会 安田文吉教授



児玉健治 宮司 児玉健治 宮司

児玉健治 宮司



徳川義崇 館長

徳川義崇 館長


大西嘉七 大西嘉七 大西嘉七

大西嘉七

 

村上真瑞 住職

村上真瑞 住職


柵木由美 名古屋市観光文化交流局

柵木由美 名古屋市観光文化交流局


西川千雅 家元

西川千雅 家元


石田芳弘 至学館大学

石田芳弘 至学館大学


小松 中日新聞(左)/デン真 写真家(右)

小松 中日新聞(左)/デン真 写真家(右)


皆見秀久 愛知県教育委員会

皆見秀久 愛知県教育委員会


末松良一 絵本菊重ね

末松良一 絵本菊重ね


三番叟人形 三番叟人形

三番叟人形


山崎津義 ちゃぶ台返し

山崎津義 ちゃぶ台返し


山崎津義 酔いどれおやじ

山崎津義 酔いどれおやじ


横井誠  中締め

横井誠 中締め

















2017-02-22

「山車・からくり人形写真コンテスト表彰式」「山車・からくり人形シンポジウム」に玉屋さん、デン真さん出場

 1月15日(日)名古屋栄中区役所ホールで「山車・からくり人形写真コンテスト表彰式」と「山車・からくり人形シンポジウム」が開催され玉屋さんと会員の写真家デン真さんが出場されました。

 中日新聞社は、昨年春から「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録を記念して、その中心地域である中部地域のからくり山車祭りをテーマにした写真コンテストを実施していましたが、その表彰式が行われました。栄えある第一回の大賞は「花吹雪乱舞」辻井秀正さんが受賞。特別賞、優秀賞、入選、佳作など数々の賞が授与されました。

 引き続き、「山車・からくり人形シンポジウム」が開催され、テレビでお馴染みの山田五郎さん(東京国立博物館評議委員、機械式時計の権威)の「時計とからくり」と題し基調講演が行われ、日本伝統のからくり技術と西洋の機械式時計の技術の融合から最先端技術の結晶としてのからくり人形が誕生したことなどが話されました。その後半には玉屋さんとのコラボで茶運び人形、弓曳童子が山田さんの解説も加え披露されました。また、特別にからくりからくり儀衛門こと田中久重作の文字書き人形もお披露目されました。

 写真コンテストの選定委員を務めたデン真さんからは「愛知と中部日本の山車祭り」と題しで、この地域の祭りのダイナミックな写真の数々が、その見どころなどを交え紹介され、からくり人形、山車祭りの上手な写真の撮り方のアドバイスなども披露されました。

 シンポジウムは、中日新聞論説委員の飯尾歩さんのコーディネーター、パネリストは九代玉屋庄兵衛さん、山田五郎さん、デン真さん、クリス・グレンさんで行われました。それぞれ豊富な知識と溢れるばかりの情熱が結集し、他ではあまり見たこともないような盛り上がったシンポジウムとなり、最後には東照宮祭の山車の復活を目指そうという壮大な話となりました。

 なお、2月18日(土)中日新聞朝刊見開き2ページで写真コンテスト作品とシンポジウムの内容が掲載されました。(掲載紙の写真ですが、小生の自宅で取っている新聞がクシャクシャで申し訳ありません。)


出演者控室風景

出演者控室風景



入口看板

入口看板



表彰式

表彰式


表彰式 表彰式

表彰式 表彰式


基調講演 山田五郎さん

基調講演 山田五郎さん



山田さんと玉屋さん

山田さんと玉屋さん



デン真さん

デン真さん



シンポジウム

シンポジウム



飯尾歩さん

飯尾歩さん



玉屋さん

玉屋さん



山田五郎さん 山田五郎さん

山田五郎さん



デン真さん

デン真さん



クリス・グレンさん

クリス・グレンさん



新聞記事

新聞記事


中日シンポ 記事 

新聞記事