2016-09-18

「第21回気体放電とその応用国際会議」で情報発信

       気体 玉屋末松大
9月15日(木)、名古屋国際ホテルで開催された「第21回気体放電とその応用国際会議」のバンケット(パーティ)の場で茶運び人形、弓曳童子、二筆文字書人形の展示・実演を行い、世界14カ国からの学会参加者の皆さんに座敷からくり人形の素晴らしさをお伝えしました。また、実演の模様はテレビカメラで撮影されステージの左右に設置された大型スクリーンで紹介されました。当日参加した九代玉屋庄兵衛さん、末松会長、織田理事がステージ上で紹介され、司会者よりからくり人形やこの地域のものづくり産業の原点としてのからくり文化について丁寧な説明がなされました。
昨年から今年にかけて名古屋開催の国際会議の場での、世界をリードする科学者の皆様にからくり人形、からくりものづくり文化を理解してもらう活動は、極めて地味ではありますが、機会があれば継続的に実施しています。このような活動を通して、からくり人形、からくりものづくり文化が全世界に深く浸透していくのではと期待しています。いつの日か「からくり」が「カラオケ」とともに日本を代表する人類共通の、世界の人々に貢献する文化になることを夢見つつ。
気体 挨拶  気体 挨拶外人
玉屋気体   気体 玉屋22茶
気体 俯瞰2  気体 末松2
気体 末松3  気体 織田

  


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する