FC2ブログ
2016-12-29

「(公財)名古屋中法人会」文化事業で講演実演を実施

 12月6日(火)、中日パレスにおいて公益社団法人名古屋中法人会が地域社会貢献事業として行っている「第9回文化事業」に参加し、講演と実演・解説を行いました。
「なぜ尾張はからくり人形か~江戸・歌舞伎、上方・文楽に対し~」というタイトルで、第一部は末松会長が「愛知ものづくりの源流、からくり人形」と題し、45分間の講演を行いました。江戸、上方がより芸術性追求に特化したのに対し、尾張はからくりの技を山車まつりに導入したことにより、年に1回の祭礼での公演という形をとったことで伝統文化として絶えることなく、そのカラクリの技を町衆が年間を通じて練習することなどで、からくり文化を継承できたこと、を画像・映像を駆使してユーモアを交えながら解りやすく講演。ノーベル賞街道と山車・からくり街道が一致する理由など参加者の関心を集めました。
第2部は、玉屋さんによる「茶運び人形」「弓曳童子」「二筆文字書き人形」の解説と実演。45分という時間的な余裕もあり、参加者の皆さんの関心・集中度合もあり、丁寧な実演、解説で喝采を浴びました。
引き続き行われた情報交換会(懇親会)では飲食を共にしながら皆様方からの色々な多岐にわたる質問にお応えしながらの楽し時間を過ごさせていたきました。
中法人会1 中法人会2
中法人会3 中法人会4
中法人会5 中法人会6
中法人会7 中法人会8
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する