--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-02-10

「ジェトロの産業観光・海外メディア招聘プログラムに出演」

 1月26日(金)名古屋中区住吉町の料亭 蔦茂で開催されたジェトロ(日本貿易振興機構)主催の産業観光・海外メディア招聘プログラム「からくり人形からロボット・テクノロジーへ」に玉屋さんと末松会長が出演し「弓曳童子」「二筆文字書き人形」「茶運び人形」を披露しました。
 また、末松会長がからくり人形についての講演を英語で行いました。参加された海外メディアの方々は、料亭という場所での江戸期のロボットであるからくり人形の妙技に、すっかり感激、感動したご様子でした。
 この後、一行はトヨタ産業技術記念館で現代のロボットの見学に向かいました。

料亭 蔦茂

料亭 蔦茂


玉屋さん ご挨拶

玉屋さん ご挨拶


弓曳童子のご紹介

弓曳童子のご紹介


二筆文字書き人形のご紹介

二筆文字書き人形のご紹介


茶運び人形のご紹介

茶運び人形のご紹介


jetro_6.png jetro_7.png

jetro_8.png jetro_9.png

jetro_10.png jetro_11.png

jetro_12.png


末松会長の講演 ドリームキャリーの解説

末松会長の講演 ドリームキャリーの解説


からくり人形、山車祭りの解説

からくり人形、山車祭りの解説


jetro_15.png



















2018-02-10

「海外MICE担当者会議」

 12月13日(水)ウエスティンナゴヤキャッスル(3階萩の間)において、「愛知県・名古屋市と東京都との連携による都市間連携ファムトリップ」事業のレセプションが開催され、玉屋さんと末松会長が「茶運び人形」と「弓曳童子」を披露しました。

 参加者は、海外のMICEに関わるキーパースンの10名の方々と加納國雄愛知県観光局長や近藤善紀名古屋市観光交流部長、堀崎亘(公財)名古屋観光コンベンションビューロー理事長などが参加されました。
MICEのキーパースンの方々はからくり人形とその妙技に興味津々で熱い視線を投げかけていました。

 MICEとは:国土交通省観光庁の説明によれば「MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。

 MICEは、企業・産業活動や研究・学会活動等と関連している場合が多いため、一般的な観光とは性格を異にする部分が多いものです。このため、観光振興という文脈でのみ捉えるのではなく、MICEについて、「人が集まる」という直接的な効果はもちろん、人の集積や交流から派生する付加価値や大局的な意義についての認識を高める必要があります。

 因みに、当後援会の小宅一夫さん((公財)名古屋観光コンベンションビューローMICE専門員)は「愛知・名古屋MICE推進協議会」の事務局次長を兼務し、今回の事業を始め、多くの国際会議のレセプション等で、九代玉屋庄兵衛さんの「からくり人形」の実演のコーディネートもされておられます。

海外MICE担当者会議 海外MICE担当者会議
海外MICE担当者会議 海外MICE担当者会議
海外MICE担当者会議 海外MICE担当者会議





2018-01-06

会員 牧内則雄さん「ひのま三人展」開催

1月11日(木)から16日(火)まで名古屋栄ギャラリー尋屋で「ひのま三人展
」を開催されます。横地洋司・牧内則雄・林正彦の名前の頭文字"ひ・の・ま"を取っての命名のようです。決して"ひまの"お三方という意味ではないようです。
新春のひと時、力作の数々をご鑑賞いただき心豊かなをお過ごしいただきたいと思います。

ひのま三人展案内

ひのま三人展
2017-11-29

からくりバスツアー 尼崎大覚寺「からくり芦刈(あしかり)」、西宮神社「えびす舁(かき)」見学を実施

 11月10日(金)、恒例のからくりバスツアーを実施。今年は、尼崎大覚寺に誕生した玉屋さんの最新作「芦刈からくり人形」(コンピューター制御)の見学と人形戯の故郷「西宮神社」「えびす舁(かき)」の見学でした。

 大覚寺は尼崎の古刹で世阿弥作「芦刈」所縁のお寺で、寺の縁起には天狗も登場します。今年の節分に初披露された「芦刈からくり人形」は、山伏(実はからす天狗)が狂言回しの役、ゆえあって別れた夫婦、御所車(妻が変身)が登場し、物語を繰り広げます。

 原則、一年に1回節分の日に公開されますが、今回は私たちのためのご披露いただきました。
 本堂で、岡本元興ご住職から尼崎や大覚寺の歴史、本堂に居並ぶ数々の仏様の説明などをお聴きした後、境内に建つか「芦刈らくり堂」前に集合し、「芦刈からくり人形」を見学しました。

 その後、尼崎駅近くの都ホテルアルカイックで昼食。
 午後は、人形戯の故郷、えびす宮総本社「西宮神社」へ。十日恵比寿の当日ということもあり、広々とした境内は参詣者がいっぱい。社務所前で「えびす座」の座長武地秀実さんと待ち合わせ。武地さんは阪神淡路大震災のあと、街おこしのため、途絶えていた「えびす舁(かき)」を復活させたファイトあふれる女性です。三連春日造の社殿という珍しい西宮神社に参拝し、人形戯の祖神「百太夫社」にお参り。その前の広場で、「えびす舁」を見学。大変に面白い、素晴らしい人形戯でした。なんと、武地さんは2015年のフランス、シャルルビル・メジェールで開催された世界人形劇フェスティバル会場で当会会員の千田靖子さんと遭遇していたことが判明。お二人は大いに盛り上がっていました。

 〆は、プレゼントしていただいた武地さんがプロデュースしたえびす様の煎餅を持って全員で記念撮影。
お土産は、酒造りの里、西宮です!白鷹酒造の緑水苑に立ち寄り、日本酒やおつまみ、お菓子など皆さんたっぷりとお買い上げいただいたようです。
 天候にも恵まれ、玉屋さんの新作からくり人形、復活えびす舁、それぞれ演技も素晴らしく、いつもながら楽しい雰囲気のうち無事にツアーを終えることができました。
 ツアー参加者:26名(内1名は神戸市在住につき現地参加)

玉屋さんのご挨拶

玉屋さんのご挨拶


末松会長のご挨拶

末松会長のご挨拶


尼崎 大覚寺山門

尼崎 大覚寺山門


本堂で岡本元興ご住職からのお話し

本堂で岡本元興ご住職からのお話し

 

素晴らしい仏像の数々

素晴らしい仏像の数々


芦刈からくり堂

芦刈からくり堂


山伏(からす天狗)登場

山伏(からす天狗)登場


山伏、からす天狗に変身

山伏、からす天狗に変身



甲斐性無しの旦那さん

甲斐性無しの旦那さん


しっかり者の奥さんが乗った御所車

しっかり者の奥さんが乗った御所車


御所車が女官(奥さん)に変身

御所車が女官(奥さん)に変身


奥さんから上等な衣を貰った旦那さん

奥さんから上等な衣を貰った旦那さん


芦刈からくり堂の内部(御所車)

芦刈からくり堂の内部(御所車)


からくり人形が乗るレール

からくり人形が乗るレール


甲斐性無しの旦那

甲斐性無しの旦那


元々あった芦刈の夫婦像

元々あった芦刈の夫婦像


都ホテルでの昼食 都ホテルでの昼食 都ホテルでの昼食 都ホテルでの昼食 都ホテルでの昼食 都ホテルでの昼食

都ホテルでの昼食


西宮神社

西宮神社


百太夫社

百太夫社


えびす座「えびす舁き」開演 えびす座「えびす舁き」開演 えびす座「えびす舁き」開演 えびす座「えびす舁き」開演 えびす座「えびす舁き」開演 えびす座「えびす舁き」開演 えびす座「えびす舁き」開演

えびす座「えびす舁き」開演


全員で記念撮影

全員で記念撮影


記念撮影


白鷹酒造緑水苑でお土産購入

白鷹酒造緑水苑でお土産購入

白鷹酒造緑水苑でお土産購入



















2017-11-14

文化のみち二葉館「江戸川乱歩と人形」企画協力

 名古屋が育てた、推理小説の巨匠・江戸川乱歩の企画展「江戸川乱歩と人形」が文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸・名古屋市東区)で開催されました。「怪人二十面相」「少年探偵団」などで有名な江戸川乱歩は、明治27年(1894)に三重県名張町(現・名張市)に生まれ、3才の時名古屋に移り住みました。愛知県立第五中学校(現・瑞陵高等学校)を卒業するまでの多感な少年時代を名古屋で過ごしました。彼は人形を愛したということで、この度の企画に「茶運び人形」の展示協力の話があり、会員所有の「茶運び人形」を展示いたしました。
 主催者からは、「お借りしました茶運び人形は、今回の展示の目玉のひとつであり、多くのお客様からご好評いただいております。」とのお礼の言葉が寄せられています。

 企画名  「江戸川乱歩と人形」
 期間    10月18日~11月15日
 会場    文化のみち二葉館

江戸川乱歩と人形_1 江戸川乱歩と人形_2

江戸川乱歩と人形_3 江戸川乱歩と人形_4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。