2017-02-22

「山車・からくり人形写真コンテスト表彰式」「山車・からくり人形シンポジウム」に玉屋さん、デン真さん出場

 1月15日(日)名古屋栄中区役所ホールで「山車・からくり人形写真コンテスト表彰式」と「山車・からくり人形シンポジウム」が開催され玉屋さんと会員の写真家デン真さんが出場されました。

 中日新聞社は、昨年春から「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録を記念して、その中心地域である中部地域のからくり山車祭りをテーマにした写真コンテストを実施していましたが、その表彰式が行われました。栄えある第一回の大賞は「花吹雪乱舞」辻井秀正さんが受賞。特別賞、優秀賞、入選、佳作など数々の賞が授与されました。

 引き続き、「山車・からくり人形シンポジウム」が開催され、テレビでお馴染みの山田五郎さん(東京国立博物館評議委員、機械式時計の権威)の「時計とからくり」と題し基調講演が行われ、日本伝統のからくり技術と西洋の機械式時計の技術の融合から最先端技術の結晶としてのからくり人形が誕生したことなどが話されました。その後半には玉屋さんとのコラボで茶運び人形、弓曳童子が山田さんの解説も加え披露されました。また、特別にからくりからくり儀衛門こと田中久重作の文字書き人形もお披露目されました。

 写真コンテストの選定委員を務めたデン真さんからは「愛知と中部日本の山車祭り」と題しで、この地域の祭りのダイナミックな写真の数々が、その見どころなどを交え紹介され、からくり人形、山車祭りの上手な写真の撮り方のアドバイスなども披露されました。

 シンポジウムは、中日新聞論説委員の飯尾歩さんのコーディネーター、パネリストは九代玉屋庄兵衛さん、山田五郎さん、デン真さん、クリス・グレンさんで行われました。それぞれ豊富な知識と溢れるばかりの情熱が結集し、他ではあまり見たこともないような盛り上がったシンポジウムとなり、最後には東照宮祭の山車の復活を目指そうという壮大な話となりました。

 なお、2月18日(土)中日新聞朝刊見開き2ページで写真コンテスト作品とシンポジウムの内容が掲載されました。(掲載紙の写真ですが、小生の自宅で取っている新聞がクシャクシャで申し訳ありません。)


出演者控室風景

出演者控室風景



入口看板

入口看板



表彰式

表彰式


表彰式 表彰式

表彰式 表彰式


基調講演 山田五郎さん

基調講演 山田五郎さん



山田さんと玉屋さん

山田さんと玉屋さん



デン真さん

デン真さん



シンポジウム

シンポジウム



飯尾歩さん

飯尾歩さん



玉屋さん

玉屋さん



山田五郎さん 山田五郎さん

山田五郎さん



デン真さん

デン真さん



クリス・グレンさん

クリス・グレンさん



新聞記事

新聞記事


中日シンポ 記事 

新聞記事












2016-12-30

平成29年 「新春からくり夜学塾」 開催のお知らせ

 平成28年も余すところわずかになってまいりました。今年は、山鉾屋台行事のユネスコ無形文化遺産登録、伊勢志摩サミットへの協力、スペイン人形劇フェスティバル参加など当会にとって話題の多い年となりましたが、皆様方のあたたかいご協力のおかげで無事年を越せそうです。
 さて、恒例となりました「新春からくり夜学塾」を下記により開催いたしたいと存じます。新年を迎え、気持ちも新たに、賀詞交歓会を兼ねて、からくり人形談義に花を咲かせたいと思います。万障お繰り合わせのうえご参加いただけますようご案内申し上げます。
                            記
開催日時   平成29年1月27日(金・大安) 18:00~20:30
会   場   中日パレス (名古屋市中区栄4-1-1中日ビル5階 ☎052-261-8851)
会   費    会員   5、000円 、 一般   7,000円
内   容 
第1部 講演会(18:00~18:55)
   「名古屋誕生~家康の名古屋城・城下町づくりと東照宮祭~」(仮題)
      「徳川家康の理想の都・名古屋街づくり」  東海学園大学教授 安田文吉 様
      「東照宮御鎮座400年を明年に控えて」  名古屋東照宮宮司 児玉 健治 様                               「体験談・私の見た東照宮祭」        大須清浄寺住職 飯田 英明 様                                                           大西人形本店  大西 嘉七 様
                    *構成およびタイトルは仮題です。  
   
第2部 懇親会(19:00~20:30)
     <情報コーナー>
       1.「山車・からくり人形写真コンテスト」&
新刊本紹介「日本真ん中山車まつり」デン真写真集(中日新聞社) デン真(写真家)
        2.竹田からくり引き札&玉屋引き札ご披露 末松 良一(九代玉屋庄兵衛後援会会長)    
     3.会員からくり人形紹介コーナー  九代玉屋庄兵衛 「三番叟」「独楽廻し人形」
                              山崎 津義(会員)タイトル「ちゃぶ台返し」
              などなど只今企画中です。

                       <お問い合わせ>
                        九代玉屋庄兵衛後援会 事務局 (織田 正太)
                        電話 090-9923-5444
                        Eメール s-oda@mediacat.ne.jp

2016-12-30

「日本・スペイン交流懇親会」で凱旋公演

 12月15日(木)、名鉄グランドホテルで「日本・スペイン交流懇親会」が行われました。これは在名古屋スペイン国名誉領事館と名古屋スペイン協会共催によるもので、スペインからはセルヒオ・コリーナ・マルティン駐日スペイン領事館領事が出席されました。石黒名古屋スペイン協会会長(東海テレビ会長)、セルヒオ・コリーナ・マルティン領事、山本亜土在名古屋スペイン国名誉領事(名古屋鉄道会長)と挨拶が続き会がスタートしました。
 我々は、今年の5月にスペインで開催された「世界人形劇フェスティバル」に参加し、スペインの人々に大好評を博したスペシャルゲストとして紹介され、末松会長の御礼と解説のあと、玉屋さんによる「茶運び人形」「弓曳童子」「二筆文字書き人形」の実演をしました。セルヒオ・コリーナ・マルティン領事には茶運び人形が運ぶお茶を美味しそうにお飲みいただきました。実演後は「世界人形劇フェスティバル」の資料と共に、からくり人形を会場に展示しました。参加者は興味深く人形をご覧になっていました。
スペイン1 スペイン2
スペイン3 スペイン4
スペイン5 スペイン6
スペイン7 スペイン8
スペイン9
2016-12-30

「全国障害者芸術・文化祭あいち大会」に参加

 「第16回全国障害者芸術・文化祭あいち大会」が12月9日から11日まで名古屋市中心部各所で行われました。玉屋さん、末松会長に会員の中川進さんも加え、12月11日(日)に愛知芸術文化センターでからくり人形のお話し、実演、解説に出演。芸文センター12階アートスペースは、障害者のかたがたや一般の方々が多数来場されました。
 末松会長の挨拶、からくり人形のお話しの後、玉屋さんの「茶運び人形」「弓曳童子」「二筆文字書き人形」が解説と共に披露されました。引き続きろ当後援会会員で聴覚に障がいのある中川さんが、パワーポイントで自己紹介や子供の頃からの製作した作品の紹介と共に、からくり人形の実演を行いました。「ミニチュア山車」「三番叟人形」「段返り人形」「連理人形」「指南車」「茶運び人形」などが紹介されました。新しく会員になった鈴村博司さんも「指南車」で飛び入り参加。最後の質問コーナーでは、いろいろな質問が出て充実した公演となりました。
       障害者祭1
障害者祭2 障害者祭3
障害者祭4 障害者祭5
障害者祭6 障害者祭7
障害者祭8 障害者祭9
障害者祭10 障害者祭11
障害者祭12 障害者祭13
障害者祭14
2016-12-29

「(公財)名古屋中法人会」文化事業で講演実演を実施

 12月6日(火)、中日パレスにおいて公益社団法人名古屋中法人会が地域社会貢献事業として行っている「第9回文化事業」に参加し、講演と実演・解説を行いました。
「なぜ尾張はからくり人形か~江戸・歌舞伎、上方・文楽に対し~」というタイトルで、第一部は末松会長が「愛知ものづくりの源流、からくり人形」と題し、45分間の講演を行いました。江戸、上方がより芸術性追求に特化したのに対し、尾張はからくりの技を山車まつりに導入したことにより、年に1回の祭礼での公演という形をとったことで伝統文化として絶えることなく、そのカラクリの技を町衆が年間を通じて練習することなどで、からくり文化を継承できたこと、を画像・映像を駆使してユーモアを交えながら解りやすく講演。ノーベル賞街道と山車・からくり街道が一致する理由など参加者の関心を集めました。
第2部は、玉屋さんによる「茶運び人形」「弓曳童子」「二筆文字書き人形」の解説と実演。45分という時間的な余裕もあり、参加者の皆さんの関心・集中度合もあり、丁寧な実演、解説で喝采を浴びました。
引き続き行われた情報交換会(懇親会)では飲食を共にしながら皆様方からの色々な多岐にわたる質問にお応えしながらの楽し時間を過ごさせていたきました。
中法人会1 中法人会2
中法人会3 中法人会4
中法人会5 中法人会6
中法人会7 中法人会8