FC2ブログ
2019-02-01

玉屋さん、「ブラタモリ本」に登場

 2017年6月10日、17日、11月18日に名古屋で撮影されたNHKの人気番組「ブラタモリ」の本がKADOKAWA書店から出版されました。
 この本は、人気シリーズのようで第15巻目で名古屋、岐阜、彦根が収録されています。
江戸期大都市名古屋がいかに誕生したか、それにからくり人形がどのように関係するのか、など楽しい話題が絵解き・写真解説など満載です。玉屋さんの特集ページもあります。是非、書店で手に取ってお確かめください。

ブラタモリ本 ブラタモリ本
2019-02-01

恒例「新春からくり夜学塾」開催

 1月28日(月)初春恒例の「新春からくり夜学」が、今年から名古屋国際ホテルで開催されました。第1部は、からくり発想で生産現場に変革をもたらしたからくり改善運動の創始者である、元アイシンAWものづくりセンター長の池田重晴さんによる「モノづくりの原点はからくりにあり~日本古来の伝統技術の伝承と発展~」と題した講演があり、モノ(資源)もカネ(資金)もない日本には、知恵と工夫で製品製造を行う、という心が重要、その元は“夢・理想”を持ち続けること、という素晴らしい考え方が示されました。
 また、講演会終了後、公務多忙で講演会のみ参加の山田拓郎犬山市長にご挨拶を頂きました。

新春からくり夜学塾

新春からくり夜学塾

新春からくり夜学塾

 第2部懇親会のオープニングは旭堂鱗林さんの講談。「芸ところ名古屋」と題し、徳川宗春、初代玉屋庄兵衛さんなどが登場する楽しいお話し。とても賑やかな、楽しい講談で会場は華やぎ、大いに盛り上がりました。

新春からくり夜学塾

 末松良一会長の主催者挨拶に続き、玉屋さんからは現在手掛けている尼崎大覚寺“からくりおみくじからく天狗”の最終製作段階の紹介ビデオが紹介されました。

新春からくり夜学塾 新春からくり夜学塾

 ご来賓の挨拶は国土交通省中部運輸局観光部部長勘場庸資様よりいただき、安田文吉東海学園大学教授乾杯のご発声で祝宴が開始されました。

新春からくり夜学塾 新春からくり夜学塾

 恒例の、参加山車組保存会の方々のご紹介に引き続き、大人気のコーナーである会員の“新作からくり紹介”では、山崎津義さんから「ゆるゆる太鼓」「空へ飛翔」が紹介され、ユニークでユーモラスな新作からくりに皆さん大喜びでした。

新春からくり夜学塾

 今年度から当会理事に就任された東海市横須賀祭りの村瀬卓哉さんの中締め挨拶で、会は90名を超える参加者をえて、大盛会のうちに終了いたしました。

新春からくり夜学塾


2019-01-23

藤沢周平の『闇の歯車』に玉屋さんの人形が登場

 12月15日付ブログでもお知らせしました、藤沢周平「闇の歯車」が映画化され、1月19日から名古屋・栄の名演小劇場で公開されます。作品は全国7都市の映画館で公開後、2月9日に有料放送の時代劇専門チャンネルで放送予定です。詳しくは1月15日付中日新聞の記事をご覧ください。

闇の歯車新聞記事

2018-12-28

料亭でのからくり人形実演に海外関係者、大感激

○参加事業
 東京名古屋都市連携ファムトリップ
○からくり紹介内容
 日時;2018年12月11日、18時30分~19時
 場所;料亭河文
 参加者;欧州9名、シンガポール1名 計10名
 実演紹介、解説者;九代玉屋庄兵衛、 後援会会長 末松良一
 紹介内容;茶運び人形、弓曳童子他

海外からの観光客を日本に誘致する海外のキーパースン10名を迎えて、料亭河文で玉屋さん、末松会長が座敷からくり人形の実演・解説を行いました。
茶運び人形は、10名の参加者の中からお茶の入ったお茶碗とお酒の入ったぐい呑みを希望の方各1名が選び、実際に人形が運んできたものを手に取り、戻して貰いました。人形が元の場所まで戻ると、感嘆した様子で拍手喝采を浴びました。
弓曳童子の場合は、最初からからくりの仕組みを衣装を剥がしてお見せした 上で、弓を放す様子を見て貰いました。皆さん、精巧な仕組みに感心される と同時に、玉屋さんから説明された能面の作りと同じように作られた人形の 顔の表情の豊かさを知って、さらに感心されていました。
末松先生は、適宜通訳者の説明を補完した上で、今でも実際の製作現 場でからくり技術が具体的に利用されている事例を分かりやすい模型で紹介 されました。

○参加された方の感想
皆さん、初めて見られたようで精巧な 仕組みに興味を示されただけでなく、 実際に買うとすればいくらになるか? などの質問もされるなど、予定時間を過ぎても熱心にからくり人形を眺めて おられたのが、印象的でした。

料亭河文
料亭河文

海外の方を茶運び人形でおもてなし。
海外の方を茶運び人形でおもてなし。

弓曳童子の実演。
弓曳童子の実演。

弓曳童子の内部構造の紹介。
弓曳童子の内部構造の紹介。

末松会長の解説。
末松会長の解説。




2018-12-15

茶運び人形、時代劇/東映映画・BS時代劇専門チャンネルに登場!

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品(原作:藤沢周平 文春文庫・講談社文庫)『闇の歯車』に玉屋さんのからくり人形が出演。
 まずは大都市映画館で、新春1月19日より上映開始。12月6日玉屋さんは、東映京都撮影所に監督より “素人が作った茶運び人形”という要求で、ちょっと武骨な茶運び人形を納め、操作の指導をしました。出演者は、瑛太、緒方直人、橋爪功、中村嘉葎雄、蓮佛美沙子など。BS番組での放送日程は未定ですが、決定次第ホームページでご連絡いたします。乞うご期待。

茶運び人形、時代劇/東映映画・BS時代劇専門チャンネルに登場!